メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

触ればわかる金銀銅 東京パラ、メダル発表 扇で心一つに、世界に新風

 2020年東京パラリンピックまで1年となった25日、大会組織委員会は選手に授与するメダルを発表した。表面は「扇」をモチーフとしたデザインで、人々の心を束ねて世界に新たな風を吹き込むとの思いを込めた。側面には金は1個、銀は2個、銅は3個と初めて円形のくぼみを施し、触れればメダルの種類が分かるように工夫されている。

 デザイン案には214件の応募があり、博報堂プロダクツのデザイナー、松本早紀子さん(30)の作品が選ばれた。表面にはパラリンピックのシンボルマーク「スリー・アギトス」と点字で併記された大会名、裏面には東京大会のエンブレムが刻まれた。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです