メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東電旧経営陣3被告に無罪 福島第1原発事故

日ハム連勝 オリックス、好機を盗塁失敗などで潰す

[PR]

○日本ハム6―1オリックス●(25日・京セラドーム大阪)

 日本ハムが連勝。三回1死満塁から近藤の中ゴロ(一塁走者が封殺)で2点を先取。五回は中田の2点二塁打で加点した。先発・金子は5回無失点で約1カ月ぶりの5勝目。オリックスは一回の好機を盗塁失敗などで潰したのが痛かった。

     日本ハム・栗山監督 (中田は)打ち方の技術を含めて素晴らしい。(8月初めての連勝に)本当に、ひどい(チーム状態だった)よね。

     日本ハム・中田 (右手の負傷から復帰後即4番で3安打2打点)自分自身、不安だったが2軍で頑張ってきたかいがあった。

     ○…オリックスの前身の一つである近鉄で本塁打王3回、打点王1回に輝いたラルフ・ブライアント氏(58)が25日、京セラドーム大阪のオリックス―日本ハム戦で特別始球式を行った。ノーバウンドでの投球を披露して「緊張した。(捕手に)届いたことが大事」と笑った。現在は米アトランタ州で造園会社を経営しているという。1989年のシーズン終盤には首位争いを演じていた西武とのダブルヘッダーで4打数連続本塁打を記録し、リーグ優勝に貢献。最優秀選手にも輝いた。「我々みたいに最後まで頑張れば結果はついてくる」。オリックスが近鉄と合併した2005年には打撃コーチも務めた。最下位の古巣にエールを送った。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

    2. 埼玉・小4男児の死因は頸部圧迫の窒息 遺体発見現場の前は空き部屋

    3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

    5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです