永山「気持ちで負けた」 昨年に続き準決勝の壁に阻まれる 世界柔道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子60キロ級3位決定戦、高藤直寿(上)から技ありを奪う永山竜樹=東京・日本武道館で2019年8月25日、徳野仁子撮影
男子60キロ級3位決定戦、高藤直寿(上)から技ありを奪う永山竜樹=東京・日本武道館で2019年8月25日、徳野仁子撮影

 東海大の先輩の高藤との3位決定戦。永山は先に浮き落としで技ありを奪われたが残り2秒、「ダメもと」で狙った隅返しで畳につけると、そのまま抑え込んで逆転勝ちした。「準決勝で負け、気持ちが切り替わっていなかった。でも、応援してくれる声が聞こえて、自分もあきらめられないと思った」と振り返った。

 五輪3連覇した野村忠宏さんに憧れて柔道…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文391文字)

あわせて読みたい

注目の特集