メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

K-1皇治、延長制し故郷に錦「大阪でメイン、負けるわけには…」(スポニチ)

[PR]

スポニチ後援「K—1 WORLD GP 2019 JAPAN〜日本VS世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪〜(2019年8月24日 エディオンアリーナ大阪)

 スーパー・フェザー級スペシャル・スーパーファイトは、皇治(30=TEAM ONE)が延長判定2—1で大岩龍矢(27=K—1ジム SAGAMI—ONO KREST)を下し、地元大阪でのメインイベントを白星で飾った。「日本VS世界」と銘打たれた5対5は、日本が4勝1敗と快勝した。

     ハートだけで拳を振り回した。3Rで決着がつかず、誰もが望むところの延長戦。皇治は足を止め、大岩に無数のパンチを浴びせ、そして被弾した。「大阪で俺がメインイベント。死んでも負けるわけにいかなかった」。判定は紙一重の2—1。KOは逃しても、意地と執念だけで「西のエース」としての面目を保った。

     いつも以上に挑発を仕掛けた大一番。過激な言葉の裏には、大岩の盟友で、昨年12月に判定負けを喫した武尊への意識がある。「今後の目標?武尊とやるか、他団体か」とリングで口にした皇治は、静かな口調で胸の内を明かした。「俺はK—1が好きで、背負っている。ファンと一緒にいろんな景色を見ていきたい」。30歳の円熟期。皇治と武尊が雌雄を決する瞬間をファンも待ち望んでいる。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

    2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

    3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

    4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです