メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

世界選手権 保木・小林組、準優勝 男子複

男子ダブルス決勝 インドネシアのペアと対戦する保木(左)、小林組=バーゼル(共同)

 バドミントンの世界選手権最終日は25日、スイスのバーゼルで全5種目の決勝があり、日本勢は前回と同じ金メダル2個だった。男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)と女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)で、いずれも全種目通じて日本勢初の2連覇を果たした。

 男子ダブルスでは世界ランキング13位の保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)が同2位のムハンマド・アーサン、ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア)に1-2で敗れ、同種目日本勢初優勝はならなかった。アーサン、セティアワン組は4年ぶり3度目の優勝となった。【バーゼル小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです