メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

沖縄考古学会50年 南島が発する普遍性

石垣が印象的な勝連グスク=沖縄県うるま市で、伊藤和史撮影

 沖縄考古学会が発足して9月で50年になる。本土と共通する歴史の歩みと、地勢からくる特殊性を併せ持つ沖縄の考古学。最新の研究状況について、会長の上原靜(しずか)・沖縄国際大教授に聞いた。

 「今、グスク時代の研究が熱いです。それと旧石器時代、縄文時代も……」

 最初に挙がったグスク時代を巡り、沖縄考古学の魅力に触れたい。グスク時代とは沖縄独自の時代区分で、11世紀ごろから琉球王国が成立する15世紀前半ごろまで。おおむね本土の中世にあたる。

 グスク(城砦(じょうさい))と聞いてすぐ思い浮かぶのは、今帰仁(なきじん)グスクや勝連(かつれん)…

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです