メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

沖縄考古学会50年 南島が発する普遍性

石垣が印象的な勝連グスク=沖縄県うるま市で、伊藤和史撮影

 沖縄考古学会が発足して9月で50年になる。本土と共通する歴史の歩みと、地勢からくる特殊性を併せ持つ沖縄の考古学。最新の研究状況について、会長の上原靜(しずか)・沖縄国際大教授に聞いた。

 「今、グスク時代の研究が熱いです。それと旧石器時代、縄文時代も……」

 最初に挙がったグスク時代を巡り、沖縄考古学の魅力に触れたい。グスク時代とは沖縄独自の時代区分で、11世紀ごろから琉球王国が成立する15世紀前半ごろまで。おおむね本土の中世にあたる。

 グスク(城砦(じょうさい))と聞いてすぐ思い浮かぶのは、今帰仁(なきじん)グスクや勝連(かつれん)…

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです