メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動き出す仏たち

活用の時代に アンドロイド観音 進化し得る教えの「媒体」

中性的な顔、機械むき出しの体で合掌するアンドロイド観音「マインダー」。高台寺の後藤典生・前執事長(右)や大阪大の小川浩平講師らの熱意で誕生した=京都市東山区で花澤茂人撮影

 「仏像」と呼んでいいのか、ためらわれた。つるんとした中性的な顔、機械がむき出しの体。腕をくねくね動かしコンピューターで合成された声で語りかける。「わたしは『観音』の名前で知られる観自在菩薩(ぼさつ)……」

 多くの観光客が訪れる京都・高台寺(東山区)で2月にお披露目された「アンドロイド観音 マインダー」。大阪大などの協力で誕生した文字通り「動く」仏像だ。専用ホールでプロジェクションマッピングの映像を背景に「般若心経」の教えを説く。「この世のすべては常に変化し続けている。あなたたちは、永遠に変わらない『自分』が存在すると思い込んではいないか」。映し出される聴衆との対話形式でおよそ25分語り、終わるとまた動かなくなった。

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです