メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このごろ通信

十人十色の開拓者たち 青柳いづみこ(ピアニスト・文筆家)

 今年は梅雨が長かったので、夏が始まったばかりだと思っていたらもう秋が目の前。急いで仕事をしてしまわなければ。

 暑いのが好きで、窓の外で太陽がかっと燃えていると、やる気が出る。例年は秋に本やCDが出るので、レコード会社のミキシングルームにゲラを持ち込み、編集の合間に赤入れをする。

 今年収録したCDのテーマは、来年1月に誕生100周年を迎えるフランス6人組。発売も来年になるので、この夏は本の校正だけで良いから楽だ。

 本のタイトルは「音楽で、生きていく」。テーマはキャリア・デザインで、若手音楽家10人にインタビューさせていただいた。取材のきっかけは、あるクラシック担当の新聞記者に聞いた話だった。今、若い演奏家がすごく疲れている、とその記者は言う。ひとたび世に出てしまうと、自分の一存ではなく、音楽事務所やレコード会社の方針に従わなければならない。クラシック界も先行き不透明で、今のうちに稼いでおかなければと荒(す…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです