メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このごろ通信

十人十色の開拓者たち 青柳いづみこ(ピアニスト・文筆家)

 今年は梅雨が長かったので、夏が始まったばかりだと思っていたらもう秋が目の前。急いで仕事をしてしまわなければ。

 暑いのが好きで、窓の外で太陽がかっと燃えていると、やる気が出る。例年は秋に本やCDが出るので、レコード会社のミキシングルームにゲラを持ち込み、編集の合間に赤入れをする。

 今年収録したCDのテーマは、来年1月に誕生100周年を迎えるフランス6人組。発売も来年になるので、この夏は本の校正だけで良いから楽だ。

 本のタイトルは「音楽で、生きていく」。テーマはキャリア・デザインで、若手音楽家10人にインタビューさせていただいた。取材のきっかけは、あるクラシック担当の新聞記者に聞いた話だった。今、若い演奏家がすごく疲れている、とその記者は言う。ひとたび世に出てしまうと、自分の一存ではなく、音楽事務所やレコード会社の方針に従わなければならない。クラシック界も先行き不透明で、今のうちに稼いでおかなければと荒(す…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 特権を問う 地位協定60年 米軍私有車、税減免14億円 政府間合意、自治体反発 19年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです