メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

没後500年「ダ・ヴィンチ音楽祭」 はるかな時代、一級品の響き=評・大木正純

撮影=朴令鈴

 今年はレオナルド・ダ・ヴィンチが没してちょうど五百年の節目に当たる。これを機に、4日間にわたるユニークな音楽イヴェント「ダ・ヴィンチ音楽祭」が開催された。仕掛け人は古楽アンサンブル「アントネッロ」を主宰する濱田芳通である。その最終公演、合唱主体の一夕「レオナルド・ダ・ヴィンチ時代の音楽」を聴いた。

 濱田の指揮、総勢50人ほどの合唱団「ラ・ヴォーチェ・オルフィカ」、それにアントネッロが披露したのは、活躍したミラノやフィレンツェ、晩年にはフランスの地で、レオナルドが実際に耳にしたかもしれない当時の音楽、総計19曲(うち3曲のみ器楽曲)である。大家デュファイやジョスカン・デ・プレのミサ曲(いずれも一部抜粋)、あるいはジャヌカンのシャンソン(…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文805文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです