メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大防災研

全河川、リアルタイム氾濫予測 システムを開発

「リアルタイム氾濫予測システム」の画面を複数組み合わせたイメージ。試験的に西日本豪雨時のデータを使った結果=三井共同建設コンサルタント提供

 大雨の際の避難の判断に役立ててもらおうと、京都大防災研究所などが、国内の河川を網羅した「リアルタイム氾濫予測システム」を開発した。降水量などを基に1時間先の氾濫リスク(危険性)が予測でき、将来は6時間先まで可能になるという。国や都道府県が管理する主要河川に比べ、市町村管理の中小河川は監視体制や洪水予測システムが充実しておらず、防災上の弱点をサポートする狙いがある。【渡辺諒】

 2015年の関東・東北豪雨、17年の九州北部豪雨、18年の西日本豪雨など河川の氾濫被害が相次ぐ。西…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです