メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

母子像が伝える真実

「港の見える丘公園」にある「愛の母子像」。1977年9月27日の米軍機墜落事故で犠牲になった土志田和枝さん(左端の写真)ら母子3人をモデルに、遺族が建立した。右側に由来を説明した碑文がある=横浜市中区で2014年9月27日、斎藤良太撮影

 観光客でにぎわう港の見える丘公園(横浜市中区)の一角に、幼子2人を抱き寄せた母親の像がある。1977年9月、同市郊外の住宅地に米軍機が墜落した事故で犠牲になった母子3人の遺族が寄贈し、85年に設置された。

 遺族は国との賠償交渉で、母子像を「公の場所」に建てることを要望した。多くの人の目に触れることで、悲劇が語り継がれるのを願ったからだ。

 交渉の末、市が用地を提供した。ただ、都市公園法が特定人物の彫像設置を禁じているとして、由来を記した…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです