メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マクロン仏大統領

イラン招待 G7開催地で外相と会談

 フランスのマクロン大統領は25日、G7サミット開催中のビアリッツでイランのザリフ外相と会談した。ザリフ氏がツイッターで明らかにした。対立する米イラン間の仲介を図るマクロン氏は、イラン核問題を巡る24日のサミットの討議翌日にザリフ氏を招き、国際社会の意表を突いた。緊張緩和の方策について意見を交わしたもようだ。

 ザリフ氏は「進む道は困難だが、努力の価値はある」とコメント。フランスのメディアによると、同国大統領…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです