メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

明日海りお サヨナラ公演中の花組トップ 匂い立つ二枚目、成長の軌跡

2019年11月に退団する花組男役トップの明日海りお=兵庫県宝塚市で、梅田麻衣子撮影

 100周年以降の宝塚歌劇をけん引してきた花組トップスター、明日海りおの退団公演が始まった。「A Fairy Tale-青い薔薇(ばら)の精-」(植田景子作・演出)で演じるのは、バラの精霊、エリュ。「すごく芝居が好きでこだわってやってきたので、自分の全てを役に預けて表現したい」と意気込む。

 最初に精霊役と聞いたときは戸惑ったという。「男役として骨太さや男気を大切にしてきた。精霊はかわいらしいイメージがあったので、ひやりとしました」。だが、エリュはかわいらしさとは無縁の、プライドの高い精霊という設定。「手をかけないと美しく咲かないと言われるバラのように(高慢で扱いにくく)、最初は他の精霊や人間より自分が優れているという感覚がある。けれど、人間を知っていくことで、おごっていたのは自分ではないかとだんだん成長していきます」と話す。

 共感する部分はあるのか。「私も舞台人としては、技術面ではほぼゼロから始まったので、かなり手はかかりました」と苦笑する。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです