メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

明日海りお サヨナラ公演中の花組トップ 匂い立つ二枚目、成長の軌跡

2019年11月に退団する花組男役トップの明日海りお=兵庫県宝塚市で、梅田麻衣子撮影

 100周年以降の宝塚歌劇をけん引してきた花組トップスター、明日海りおの退団公演が始まった。「A Fairy Tale-青い薔薇(ばら)の精-」(植田景子作・演出)で演じるのは、バラの精霊、エリュ。「すごく芝居が好きでこだわってやってきたので、自分の全てを役に預けて表現したい」と意気込む。

 最初に精霊役と聞いたときは戸惑ったという。「男役として骨太さや男気を大切にしてきた。精霊はかわいらしいイメージがあったので、ひやりとしました」。だが、エリュはかわいらしさとは無縁の、プライドの高い精霊という設定。「手をかけないと美しく咲かないと言われるバラのように(高慢で扱いにくく)、最初は他の精霊や人間より自分が優れているという感覚がある。けれど、人間を知っていくことで、おごっていたのは自分ではないかとだんだん成長していきます」と話す。

 共感する部分はあるのか。「私も舞台人としては、技術面ではほぼゼロから始まったので、かなり手はかかり…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1121文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです