メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

元患者と回復者

外島保養院記念碑=大阪市西淀川区で2019年7月5日、水上由布撮影

 歩く人はほとんどおらず、行き交うのは工場や物流施設の車だけ。大阪市西淀川区、草の生い茂る堤防沿いに「外島(そとじま)保養院記念碑」はある。1909年、海抜ゼロメートル地帯のこの地にハンセン病療養所ができ、34年の室戸台風で196人が亡くなった。悲劇を人々の記憶にとどめるため、らい予防法廃止翌年の97年に建てられた碑を、先月訪れた。ハンセン病家族訴訟で…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです