メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

元患者と回復者

外島保養院記念碑=大阪市西淀川区で2019年7月5日、水上由布撮影

 歩く人はほとんどおらず、行き交うのは工場や物流施設の車だけ。大阪市西淀川区、草の生い茂る堤防沿いに「外島(そとじま)保養院記念碑」はある。1909年、海抜ゼロメートル地帯のこの地にハンセン病療養所ができ、34年の室戸台風で196人が亡くなった。悲劇を人々の記憶にとどめるため、らい予防法廃止翌年の97年に建てられた碑を、先月訪れた。ハンセン病家族訴訟で…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです