メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「今年は上がってこないかと思いました」。アカウミガメの産卵地、宮崎県日南市で36年間、保護活動に携わってきた桑田守さん(69)が打ち明けた。

 毎年初夏から8月にかけ、未明の海岸で上陸の跡を探し、盗掘や野鳥による食害から守るため卵を保護柵に移してきた。今年は初めて5月の産卵がなく産卵上陸数も例年の半分ほどの19回だった。

 異変は以前から感じていた。まず浜が痩せた。広いところで50メートルはあった砂浜が堤防近くまで削られた部分もある。砂が少なければ、上陸したウミガメも産卵せずに引き返してしまう。大小の流木も異常なほど増え、上陸を阻んでいる。「災害が増えたのかもしれませんが、改修で川の流れをよくしすぎたのでは、とも思います」と桑田さん。

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです