メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群像劇

大正の若手作家描く 下北沢であすまで上演 /東京

「赤玉★GANGAN」の1場面(流山児★事務所提供)

 日本の近代文学が発展した大正時代、文筆活動で身を立てようと切磋琢磨(せっさたくま)する若者たちを描いた群像劇「赤玉★GANGAN(ガンガン)」が世田谷区の「下北沢ザ・スズナリ」で上演中だ。

 女優の山像(やまがた)かおりさん(56)が、「秋之桜子」のペンネームで執筆する戯曲の新作だ。大正デモクラシーの一方、関東大震災で朝鮮人虐殺事件が起き、閉塞(へいそく)感が…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです