メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和菓子めぐり

伊賀、名張 御菓子司 星安 流行先取り、独創的に /三重

ベビーカステラを焼く星安孝悦さん=三重県名張市上八町の「御菓子司 星安」で、衛藤達生撮影

 創業約100年の「御菓子司 星安」の3代目、星安孝悦さん(67)は高校卒業後、東京の菓子専門学校で2年学び、菓子職人の道へ。「人から習ったものより、自分で独創的なものを作りたかった」と、流行を先取りしたさまざまな菓子を考案してきた。

 今では珍しくはないが、大福や焼きまんじゅうの中にイチゴやクリなどを入れることも早かった。同店の看板商品は父の代から始めた、最中(もなか)の中に餅を入れた「寳玉(ほうぎょく)」。最中は日持ちがするように硬いあんこを使うことが一般的だが、寳玉では軟…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです