メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江神宮全国献書大会

厳かに、神前揮毫 大津 /滋賀

厳かな雰囲気の中、神前揮毫をする上位6賞の入賞者たち=大津市神宮町の近江神宮で、竹中拓実撮影

 半世紀の節目を迎えた「第50回近江神宮全国献書大会」(天智聖徳文教財団主催、県書道協会、毎日新聞社など後援)の献書祭と表彰式が25日、大津市神宮町の近江神宮であった。上位6賞を受賞した28人が神前で揮毫(きごう)し、作品を納めた。

 今回の優秀作品132点が飾られた同神宮外拝殿回廊は夏休み終盤の日曜とあって、多くの参拝客らが来訪。そんな中、厳かな神事に続き、神前揮毫があった。神前揮毫の栄誉を受けたのは上位6賞36人で、…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです