メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京を拓く

/78 リガーレ暮らしの架け橋 小規模多機能で寄り添う /京都

「おんまえどおり」で談笑する統括施設長の杉原優子さん=京都市上京区で、中山和弘さん撮影

 <The Frontiers of Kyoto>

 JR円町駅(京都市中京区)から西大路通を北東へ、木造住宅や商店が並ぶ御前通沿いに進むと木製の「おんまえどおり」の看板が見えてくる。社会福祉法人「リガーレ暮らしの架け橋」が「きたおおじ」(同市北区)に続き今年4月開設したばかりの3階建て建物は、特別養護老人ホーム(特養)と小規模多機能型の介護スペース、住宅型有料老人ホームを併設。周囲の住宅街に溶け込んでいて地域のお年寄りが出入りしやすい雰囲気となっている。

 御前通側にある小規模多機能型では近くに住むお年寄りが食事や休憩などにデイルームを利用でき、普段と変…

この記事は有料記事です。

残り1804文字(全文2083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです