メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

枚方市長選 告示 現新2氏、人口減対策など論戦 /大阪

 任期満了に伴う枚方市長選が25日、告示され、再選を目指す現職の伏見隆氏(51)=大阪維新の会=と新人で元枚方市議の大橋智洋氏(40)=無所属、自民推薦=が立候補した。北河内の中核市でも少子高齢化が進み、近い将来、人口40万人を割る可能性が指摘されている。人口増加に関わってくる子育て施策や巨額の公費が投じられる京阪枚方市駅周辺再整備などを巡って、論戦がスタートした。選挙での維新の勢いが、続くかも注目される。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです