メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

戦争は動物も殺す チンパンジーに軍服/26頭を処分 天王寺動物園で企画展 /大阪

水兵の格好をしたチンパンジーのリタ=撮影時期不明、天王寺動物園提供

 終戦から74年。天王寺動物園(大阪市天王寺区)では毎夏「戦時中の動物園」という企画展が開かれる。展示期間は8月半ばの10日程度と短いが、多くの人の関心を集めている。愛くるしい動物に癒やされ、人々の憩いの場である動物園で戦争中に何があったのか。現場で取材した。【隈元悠太】

 今年の同展は今月6~18日に開催され、シロクマやヒョウ、ライオンなど7点の剥製が展示された。また、戦前の同園でアイドル的人気を誇ったメスのチンパンジー「リタ」とオスの「ロイド」に関する資料も公開された。

 天王寺動物園は1915年、日本で3番目の動物園として開園。規模は年々大きくなり、32年にはチンパンジーのリタがアフリカからやってきた。リタは、馬や自転車に乗ってみせただけでなく、ゴーカートを運転したり、ネクタイを締めてスープをスプーンで飲んだりして、人気を博した。33年には開園以来最高の165万人、34年は250万人が来園。この記録は今も塗り替えられていない。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです