メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イカダレース大会

手作りいかだで競う 下松・笠戸島の海水浴場 /山口

浜から一斉にこぎ出す参加者たち

 手作りのいかだでスピードとデザインを競う「第30回くだまつ笠戸島マリンイカダレース大会」が25日、下松市笠戸島のはなぐり海水浴場であった。市内外から過去最多の60チーム、約370人が出場し、大城岬までの往復約1・5キロのコースに挑戦した。個性豊かないかだも観客を楽しませた。

 下松商工会議所青年部などでつくる実行委が主催。いかだは幅3メートル、長…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです