メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7

開幕 経済下ぶれ、政策対応 各国首脳が一致

 主要7カ国首脳会議(G7サミット)が24日(日本時間25日)、フランス南西部ビアリッツで開幕した。各国首脳は、世界経済を巡り、増大する下振れリスクに万全の政策対応で協調していくことが不可欠との認識で一致した。また、緊迫する中東情勢については、「イランの核保有を認めない」ことで一致した。

 25日に行われた世界経済や貿易についての議論では、激化する米中貿易戦争や英国の欧州連合(EU)離脱問題など山積するリスクについて、世界経済の成長と安定を支えるためG7として協調して対処する姿勢を打ち出した。

 また、「自由貿易の番人」といわれる世界貿易機関(WTO)のあり方もテーマとなった。中国などがWTO…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文726文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです