メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

もっと届く言葉を=山田孝男

絵・五十嵐晃

 日韓の安全保障連携の糸がプツンと切れた。

 よもやと思われた、文在寅(ムンジェイン)韓国大統領の日韓ジーソミア(GSOMIA、軍事情報包括保護協定)破棄宣言(22日)である。

 「日本が、元徴用工問題への報復で不当な対韓輸出規制をした」という文在寅政権の曲解を正さなければならない。元徴用工や元慰安婦の問題で無原則な譲歩はせぬという日本の決意を伝える必要がある。

 そのために、韓国の良識ある人々へ届く言葉を探さなければならない。

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1332文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです