メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

パラリンピック、名の由来は? 英語の「下半身まひ」 1964年の東京大会で採用=回答・五十嵐朋子

東京パラリンピック開会式で入場する選手たち=1964年11月8日、東京本社写真部員撮影

 なるほドリ パラリンピックという名前はいつからあるの?

 記者 1964年の東京大会から使われ始めたとされ、ポスターにも書かれています。でも当時は正式名称(せいしきめいしょう)ではありませんでした。

 Q 正式名称は何だったの?

 A 「第13回国際ストーク・マンデビル競技大会」でした。パラリンピックの起源(きげん)といわれる、英国の病院でリハビリのため行われたスポーツ大会の名前です。パラリンピックが正式名称となったのは88年のソウル大会からです。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  3. 池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

  4. 富士登山の動画配信中に滑落か 警察の捜索難航

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです