メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 ストーリー 在日ジャグラーのメッセージ/ラグビー日本代表発表/論点 象徴天皇を考える

[PR]

 ◆ストーリー

    在日ジャグラーのメッセージ 1日・日曜日 1面、ストーリー面

     在日コリアン3世の金昌幸(キムチャンヘン)さん(33)は、高校時代から「大道芸ワールドカップ」に出場するなどジャグラーとして活躍する傍ら、自身のルーツや生い立ちについて語る講演を中学や高校で続けています。周囲との違いに悩み、葛藤した末にたどり着いた「答え」を次世代に伝えるためです。活動を始めて今年でちょうど10年。金さんが伝えたいメッセージとは--。

    ラグビー日本代表発表 30日・金曜日 1面など

     ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会が来月20日に開幕します。29日には大会に挑む日本代表31選手が発表されます。ラグビーは一定の条件を満たせば、海外出身の選手でも代表資格が得られます。9大会連続出場の日本は海外出身選手の割合が最多となる見通しで心を一つにベスト8を目指します。

     ◆論点

    象徴天皇を考える 28日・水曜日 オピニオン面

     初代宮内庁長官が終戦後、昭和天皇とのやり取りを詳細に記したいわゆる「拝謁記」には、天皇が戦争への反省を「お言葉」で述べようとしたり、戦後政党政治や防衛力などに言及したりする様子が随所にみられました。新憲法で天皇の政治関与が制限される中、象徴天皇のあるべき姿を探る道は昭和から平成、令和へとどのように続いてきたのかを考えます。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

    2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

    3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです