メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジョンソン英首相

通商協定に意欲 G7初舞台、米大統領と会談

 英国のジョンソン首相は、フランス南西部ビアリッツで開かれている主要7カ国首脳会議(G7サミット)でトランプ米大統領と初会談するなど、本格外交デビューを果たした。ジョンソン氏は10月末に期限の迫った英国の欧州連合(EU)からの離脱後に各国と自由貿易協定(FTA)を結ぶ考えで、離脱後を見据えた経済大国との緊密な関係作りをアピールする。【ビアリッツ賀有勇、三沢耕平】

 25日に行われた米英首脳会談でトランプ氏は、EU離脱に導くリーダーとしてジョンソン氏が「適任」だと述べ、「彼にアドバイスは必要ない」と持ち上げてみせた。

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです