メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落日の名門政党

/下 「汚職」「縁故」払拭できず 有権者「ガバナンス」重視へ

2011年の反汚職運動集会の写真を見せるサンジャイ・シン上院議員=ニューデリーで2019年8月10日、松井聡撮影

 「汚職がないインドを!」。2011年8月。首都ニューデリーの広場には連日20万を超える人々が集まり、汚職疑惑が相次いだ当時の国民会議派、シン政権に対する怒りをあらわにした。社会活動家のアンナ・ハザレ氏を中心とする反汚職運動は全国的なうねりとなり、14年の総選挙で会議派の下院議席は206から44に激減。モディ首相率いるインド人民党(BJP)に政権を奪われ、会議派とBJPの「2大政党」から「BJPの1強」時代に突入した。

 反汚職運動の中から結成された庶民党のサンジャイ・シン上院議員(47)は「シン政権は、70歳を超えな…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1211文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. リーチ主将「とても感動した」 開幕戦勝利の日本代表が一夜明け会見 ラグビーW杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです