メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 毎年、高校1年生を対象に性の健康教育の機会を与えてくださる私立高校があります。出向く前に拙著「10代の後輩におくる僕の性教育」(日本家族計画協会)の感想文と併せて、「講演で聞いてみたいこと」が送られてきます。

 「なぜ産婦人科医になったのですか」「先生の性体験や恋愛の話を教えてください」「性教育に携わろうと思ったきっかけは」などに加えて避妊法、中絶、性感染症、自慰への率直な質問が寄せられます。当日も、産婦人科医になった理由を聞かれ、「女性が好きだからね。だから産婦人科医になって女性を究めたいと思った」と語ったところ、「俺も!」と声を上げた生徒さんがいて、会場にどよめきと笑いが起こりました。

 僕を悩ませた質問の一つが今回のテーマ「『好き』と『愛』の違い」でした。クリニックを受診している患者…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文956文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです