メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

ゆるスポーツ、違い認め勝負

ゆるスポーツの「いもむしラグビー」を楽しむ参加者=東京都品川区で5月

 障害があってもなくても一緒に楽しんだり、競い合ったりできるスポーツが注目されている。運動が苦手な人でも勝てる緩い競技が人気を集めるほか、障害者と健常者が短距離走などで真剣勝負をする大会も始まった。東京五輪・パラリンピックを来年に控え、互いに理解を深めるイベントが増加。関係者は「東京パラ閉幕後にこうした機運がしぼまないよう活動を広げたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1135文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです