メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく 機械打ちにも名人

人気の「天ぷらうどん」。つゆをたっぷり吸わせた小エビの天ぷらが特徴=いずれも山田さん提供

 初めに言っておくと、どっちがすぐれているというような極論を出したいわけではない。それは「こきんや」の4代目・西野隆文さんも同じだと思う。

 「こきんや」は愛媛県今治市にあるうどんの店であり、創業から1世紀がたった老舗だ。ここでは自家製麺のうどん、加えて2009年に誕生した今治のご当地グルメ「今治ラーメン」という塩ラーメンを提供している。

 初めて訪れた時、「手打ちよりうまい自家製麺の店」と書かれた看板が目に付いた。例えばうどんで言えば「手打ち」であることを強みとしてアピールする店は多いが、一方で、機械によって製麺していることをうたう店をぼくは知らない。

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1130文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです