連載

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

会社員を経て「ヌードルライター」として活動する山田祐一郎さんの連載です。思い出の麺を、その裏側にある歴史、物語、料理人の愛情まで含めて紹介します。

連載一覧

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく 機械打ちにも名人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
人気の「天ぷらうどん」。つゆをたっぷり吸わせた小エビの天ぷらが特徴=いずれも山田さん提供
人気の「天ぷらうどん」。つゆをたっぷり吸わせた小エビの天ぷらが特徴=いずれも山田さん提供

 初めに言っておくと、どっちがすぐれているというような極論を出したいわけではない。それは「こきんや」の4代目・西野隆文さんも同じだと思う。

 「こきんや」は愛媛県今治市にあるうどんの店であり、創業から1世紀がたった老舗だ。ここでは自家製麺のうどん、加えて2009年に誕生した今治のご当地グルメ「今治ラーメン」という塩ラーメンを提供している。

 初めて訪れた時、「手打ちよりうまい自家製麺の店」と書かれた看板が目に付いた。例えばうどんで言えば「手打ち」であることを強みとしてアピールする店は多いが、一方で、機械によって製麺していることをうたう店をぼくは知らない。

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1130文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集