メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

あすから全米オープン フレッシュ錦織「楽しみ」 体調「大丈夫」

マイケル・チャン・コーチ(左奥)が見守る中でジョコビッチと打ち合う錦織圭=2019年8月24日、浅妻博之撮影

 日本男子のエースが、相性のいいニューヨークで復調のきっかけをつかもうとしている。26日(日本時間27日)に開幕するテニスの4大大会最終戦、全米オープンに男子シングルスの第7シードで臨む錦織圭(日清食品)だ。ここ2戦連続で初戦敗退と苦しむだけに「不安はあるが、フレッシュな気持ちで入りたい」と心機一転、上位進出を狙う。

 大会前の錦織にはどこか吹っ切れたような明るさがあった。「高揚感とか楽しみな気持ちは他の4大大会よりも強い。気持ち的に前向きになれる」。24日の練習では多くのファンが見守る中で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と打ち合い、充実の汗をぬぐった。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです