メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校eスポーツ選手権

ロケットリーグ 決勝の4校出そろい

オンライン予選の様子をインターネット中継する大会スペシャルサポーターのケイン・コスギさん(右から2人目)ら=東京都豊島区で2019年8月25日、倉沢仁志撮影

[PR]

 高校生が同じ学校でチームを組み、対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「第2回全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社、サードウェーブ主催)の「ロケットリーグ」部門のオンライン予選が24、25日に行われ、12月28日の決勝大会に進む4校が出そろった。

 予選を突破したのは、前回大会覇者の鹿島(佐賀)▽同準優勝の鶴崎工(大分)▽N高(沖縄)▽釧路高専(北海道)。予選は東京都内の会場からインターネット中継され、大会スペシャルサポーターで俳優のケイン・コスギさんらが登場した。

 ロケットリーグは3人対3人で対戦するサッカーゲーム。5人対5人の陣取りゲームの「リーグ・オブ・レジェンド」部門は11月16、17、23、24日にオンライン予選を行い、12月29日に決勝を戦う。【倉沢仁志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです