ゴルフ

ファンケルクラシック マークセン連覇

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 男子ゴルフのシニアツアー、ファンケルクラシックは25日、静岡県の裾野CC(7009ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、53歳のプラヤド・マークセン(タイ)が2連覇を果たした。首位でスタートしたマークセンは72で回り、通算9アンダーの207で並んだ田村尚之、石鍾律(韓国)とのプレーオフを制した。シニアでは今季初優勝で通算14勝目。1打差の2位タイから出た伊沢利光はスコアを伸ばせず、4位タイ。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文787文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集