メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

本番想定、輸送テスト 車いす固定「時間かかった」

東京五輪・パラリンピックの開会式を想定した輸送テストで連なって移動するバス=東京都中央区で2019年8月25日午後6時半、滝川大貴撮影

 東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は25日、開会式を想定し、選手村(東京都中央区)から新国立競技場(新宿区)へ選手を円滑に輸送するためのテストを実施した。約20キロの区間で約40人乗りの大型バス計75台を走らせ、本番に向けた交通対策や車両の誘導などを確認した=写真・滝川大貴撮影。

 学生ボランティアや組織委スタッフら約140人が選手役となってバスに乗…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 「衝突音で初めて対向車に気付いた」スマホ操作などせず 大津園児死傷事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです