メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 象徴天皇を考える/関西地銀の未来は/在日ジャグラーのメッセージ

[PR]

 ◆論点

    象徴天皇を考える 28日・水曜日

     初代宮内庁長官が終戦後、昭和天皇とのやり取りを詳細に記したいわゆる「拝謁記」には、天皇が戦争への反省を「お言葉」で述べようとしたり、戦後政党政治や防衛力などに言及したりする様子が随所にみられました。新憲法で天皇の政治関与が制限される中、象徴天皇のあるべき姿を探る道は昭和から平成、令和へとどのように続いてきたのかを考えます。

     ◆Kin-yo Keizai

    関西地銀の未来は 30日・金曜日

     関西地盤の三つの地方銀行が経営統合し、2018年4月に本格稼働した関西みらいフィナンシャルグループ(FG)。今春には傘下の近畿大阪銀行と関西アーバン銀行の2行が合併し、関西みらい銀行として新たなスタートを切りました。インタビュー最前線では、関西みらいFGの菅哲哉社長(58)に経営統合の手応えと今後の戦略について聞きました。

     ◆ストーリー

    在日ジャグラーのメッセージ 9月1日・日曜日

     在日コリアン3世の金昌幸(キムチャンヘン)さん(33)は、高校時代から「大道芸ワールドカップ」に出場するなどジャグラーとして活躍する傍ら、自身のルーツや生い立ちについて語る講演を中学や高校で続けています。周囲との違いに悩み、葛藤した末にたどり着いた「答え」を次世代に伝えるためです。活動を始めて今年でちょうど10年。金さんが伝えたいメッセージとは--。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

    2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

    3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

    4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

    5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです