連載

読んであげて

子どもたちに向けた童話です。大人が読み聞かせ、お互いの心を通わせましょう。

連載一覧

読んであげて

みんなふつうで、みんなへん。/25

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
みんなふつうで、みんなへん。 25
みんなふつうで、みんなへん。 25

 <広げよう おはなしの輪>

文(ぶん) 枡野浩一(ますの・こういち) 絵(え) 内田かずひろ(うちだ・かずひろ)

 大川(おおかわ)康美(やすみ)さんは夜(よる)、眠(ねむ)る前(まえ)、神様(かみさま)に祈(いの)ることにしています。

 特定(とくてい)の宗教(しゅうきょう)を信(しん)じているわけではありません。どこかで康美(やすみ)さんのことを見守(みまも)っている神様(かみさま)がいるような気(き)がして、心(こころ)の中(なか)で、そっと話(はな)しかけるのです。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文706文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集