メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電、柏崎刈羽「1基以上廃炉」 地元市長は「平均点に達していない」

新潟県柏崎市の桜井雅浩市長(左)に説明する東電の小早川智明社長(中央)。右は橘田昌哉新潟本社代表=柏崎市役所で2019年8月26日午前9時7分、井口彩撮影

 東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は26日、新潟県柏崎市の桜井雅浩市長に、運転停止中の柏崎刈羽原発について、6、7号機の再稼働後5年以内に1~5号機の1基以上の廃炉を検討する方針を伝えた。東電が同原発の廃炉の検討方針を示すのは初めて。柏崎市が再稼働の条件として1~5号機いずれかの廃炉計画の策定を求めていた。

 小早川社長が柏崎市を訪れ、桜井市長に回答文書を提出した。文書では、再生可能エネルギーなど温室効果ガ…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです