メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

リクナビ内定辞退率、分析対象は7万4878人 運営会社に是正勧告

記者会見で謝罪するリクルートキャリアの小林大三社長(左)と浅野和之執行役員=東京都千代田区で2019年8月26日午後7時32分、手塚耕一郎撮影

 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)が「内定辞退率」の予測を企業に販売していた問題で、政府の個人情報保護委員会(嶋田実名子委員長)は26日、就職活動中の学生から同意を得ずに販売したのは個人情報保護法違反に当たるとして、組織体制の見直しなど是正を求める勧告を行った。委員会による勧告は初めて。同意なしに提供した個人情報は7983人分に上り、「管理が不適切で、社会的影響も大きい」と指摘した。

 勧告は同法に違反する行為を是正するための措置を求めるもの。委員会は①組織体制の見直しや意識改革をする②今後実施するサービスについても適正に個人情報を扱う――ことを求め、9月30日までに改善内容を報告するよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです