メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一方的に交渉成果アピール「際立つトランプ流」 9月に貿易協定署名へ 日米首脳会談で一致

 主要7カ国首脳会議(G7サミット)にあわせて25日にフランス南西部ビアリッツで実施された日米首脳会談では、来月に貿易協定の署名を目指すことで一致した。当初、両首脳による記者発表の予定はなかったが、トランプ米大統領が急きょ提案して実現。一方的に交渉の成果をアピールするなど、「トランプ流」が際立った。

 「非常によい話なのでぜひ一緒に発表したい」。同日昼の首脳会談でトランプ氏は安倍晋三首相に提案した。日本政府としては想定外の事態。突如スケジュールを変更し、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表と茂木敏充経済再生担当相を含めた4人でカメラの前に立つことになった。予定していた茂木氏の記者会見が大幅に遅れるなど終始混乱した。

 記者発表では米国側が成果を誇る姿勢が際立った。両国は合意の詳細は明らかにしていないにもかかわらず、…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです