メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン外相が仏外相とG7開催地で会談 核問題打開へのマクロン氏の意向か

25日、フランス南西部ビアリッツで会談したフランスのマクロン大統領(右側、こちらを向いている男性)、ルドリアン外相(右から3人目)、イランのザリフ外相(左側、白いシャツの男性)。ザリフ外相のツイッター投稿より=AP

 イランのザリフ外相が25日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれているフランス南西部ビアリッツを空路で訪問し、ルドリアン仏外相と会談した。仏紙フィガロなどが報じた。米側との接触はなかったが、イラン核問題などの打開に向けて意欲を示すマクロン仏大統領の緊張緩和に向けた方策の一環とみられる。

 イラン外務省報道官はツイッターで、訪問…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです