中国が米に交渉再開申し入れ トランプ氏、早期再開に意欲

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
G7サミット議長国のマクロン仏大統領(前左)とトランプ米大統領(右前)、安倍晋三首相(右端)=仏南西部ビアリッツで25日、AP
G7サミット議長国のマクロン仏大統領(前左)とトランプ米大統領(右前)、安倍晋三首相(右端)=仏南西部ビアリッツで25日、AP

 主要7カ国首脳会議(G7サミット)出席のためフランス南西部ビアリッツを訪問中のトランプ米大統領は26日、中国政府から米中貿易交渉再開の申し入れがあったと明らかにした。「中国は真剣にディール(取引)を結びたいと考えている。世界にとり、前向きな展開だ」と述べ、早期再開に意欲を示した。追って詳細を発表するとしている。エジプトのシシ大統領との会談冒頭、記者団に語った。

 米中の貿易交渉は7月末に中国・上海で開かれた閣僚級協議が不調に終わり、その後、双方が報復関税措置の拡大を発表。対立が激化する中、ロイター通信によると、中国の劉鶴副首相は26日、「冷静な交渉を通じた解決」を米側に呼びかけていた。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文611文字)

あわせて読みたい

注目の特集