メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

栃木県警本部=李舜撮影

[PR]

 栃木県鹿沼市で23日深夜、乗用車が立ち木に衝突して炎上し、中にいた2人の遺体が見つかった事故で、同県警鹿沼署は26日、宇都宮市、会社員、大橋強史容疑者(50)を自動車運転処罰法違反(過失致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。大橋容疑者は「事故を起こして不安になって逃げた」と大筋で容疑を認めているという。

 調べによると、大橋容疑者は23日午後11時25分ごろ、鹿沼市深津の片側2車線の県道で、乗用車を転回させる際に、中央分離帯寄りに走っていた乗用車とぶつかった。衝突された乗用車は、はずみで道路左側に飛び出し、歩道の立ち木に衝突した。

 衝突された乗用車の後続車のドライブレコーダーに衝突場面も映っており、別の車の部品も落ちていた。同署では、遺留品や付近の防犯カメラなどを手がかりに大橋容疑者の乗用車を割り出した。死亡した2人の身元の特定を急いでいる。【上鵜瀬浄】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです