メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

薄紫色、かれんに ホテイアオイ見ごろ 埼玉・加須

[PR]

かれんな薄紫色の花を咲かせるホテイアオイ=埼玉県加須市で2019年8月25日、竹内紀臣撮影

 埼玉県加須市の道の駅「童謡のふる里おおとね」に隣接する休耕田で、ホテイアオイが見ごろを迎えた。薄紫色のかれんな花は10月上旬まで楽しめる。

 ホテイアオイは南米原産の植物で、葉の一部が丸く膨らみ、浮袋の役目をして水面に浮かんでいる。膨らみが七福神の布袋(ほてい)様のおなかに似ているとしてホテイアオイと名付けられた。

 今年6月初旬までに約1ヘクタールに植え付けた約5万株は成長して株分けが進み、今では約200万株にも成長。道の駅直売所の島田和男店長(55)は「各株の花は1日しか咲かないので池全体の咲き具合は日によってばらつきはありますが、これから長く楽しめますよ」と話している。

 問い合わせは道の駅(0480・72・2111)。【竹内紀臣】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 維新の大阪・松原市議 本会議欠席して妻と沖縄旅行 体調不良を理由に

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです