メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平岡選手が出資のスケボー施設 法令違反指摘され営業中止 奈良・御所

営業を休止している御所スケートボードパーク=奈良県御所市で2019年8月26日午前7時59分、藤原弘撮影

 ソチ冬季五輪(2014年)スノーボード男子ハーフパイプ銅メダリストの平岡卓選手(23)が出資し、出身地の奈良県御所市に整備されたスケートボード場が、土地利用を巡る法令違反を指摘されて営業を休止していることが26日、明らかになった。市は3月、市職員で施設整備に携わった平岡選手の父親(60)を「信用失墜行為があった」として停職6カ月の懲戒処分にしたが、平岡選手への影響を考慮して公表していなかった。

 施設は同市楢原の「御所スケートボードパーク」。平岡選手の練習環境拡充や後進の育成を目指し16年9月にオープンした。平岡選手は賞金を元に出資したが直接携わっておらず、母親らが運営している。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです