メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保木・小林組は銀メダル 日本勢の金は2個 世界バド最終日

[PR]

 バドミントンの世界選手権最終日は25日、スイスのバーゼルで全5種目の決勝があり、日本勢は過去最多だった前回と同じ金メダル2個だった。男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)と女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)がいずれも全種目通じて日本勢初の2連覇を果たした。

 男子シングルスでは世界ランキング1位の桃田が同9位のアンデルス・アントンセン(デンマーク)をストレートで降した。前回と同じ日本勢同士の対決となった女子ダブルスは世界ランキング1位の永原、松本組が同3位の福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)をフルゲームで破った。福島、広田組は3年連続の銀メダルだった。男子ダブルスでは世界ランキング13位の保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)は世界選手権2度優勝で同2位のムハンマド・アーサン、ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア)に1―2で敗れ、同種目日本勢初優勝を逃した。【バーゼル小林悠太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです