メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ことば

国立ハンセン病療養所の将来構想

 13カ所ある療養所の敷地や施設を地域に開放できることを盛り込んだ「ハンセン病問題基本法」が2009年に施行され、多くの療養所では入所者自治会が中心となり、地域の状況に応じた将来構想をまとめた。これに基づき、12年には菊池恵楓園(けいふうえん、熊本県合志市)で保育所が開所されるなどしたが、駿河療養所…

この記事は有料記事です。

残り56文字(全文206文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法人税と所得税の不公平是正で消費減税はできる

  2. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 九州の温泉地、更なる落ち込みにおびえ「いつまで持ちこたえられるか分からない」

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです