メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

川俣復興、象徴の花PR 栽培のアンスリウム、福島で展示 /福島

近畿大の教授(右から2人目)から、かわまたアンスリウムを生けた花器作品などについて説明を受ける観覧者ら=福島市のコラッセふくしまで

 東日本大震災の復興のシンボルとして、川俣町と同町ポリエステル媒地活用推進組合、近畿大が連携して栽培に取り組んでいる花「かわまたアンスリウム」のPRイベントが26日、福島市のコラッセふくしまで始まった。27日まで。花器やポスターなど近畿大生約50人の作品が展示され、41種類のアンスリウムをさまざまな形で披露している。

 近畿大は2013年から行っている「オール近大・川俣町復興支援プロジェクト」の一環として、地元農家と…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです