メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎキャンパる

「感謝の日」地域交流の場に 大谷石のみそ蔵「青源味噌」会長・青木直樹さん /栃木

大谷石のみそ蔵「青源味噌」会長・青木直樹さん

 JR宇都宮駅西口側の石町通りにたたずむ大谷石のみそ蔵「青源味噌(あおげんみそ)」。江戸時代初期、寛永2(1625)年に創業され、宇都宮で現存する最も古い会社のひとつだ。「お客様感謝の日」やさまざまなみそづくり教室を開催するなど地元の人たちと積極的に関わる、同社の会長、青木直樹さん(69)に話を聞いた。【「青源味噌」取材班】

この記事は有料記事です。

残り3083文字(全文3246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 和歌山・有田病院 職員87人を新たに検査、全員が陰性 新型コロナウイルス

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです