秋季高校野球県大会

67校61チームの対戦相手決まる 31日開幕 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 31日に開幕する第72回秋季関東地区高校野球大会県予選(県高野連主催、毎日新聞前橋支局など後援)の組み合わせ抽選会が26日、前橋市石関町の県立前橋工業高校であり、出場する67校61チームの対戦カードが決まった。決勝と3位決定戦は9月29日。

 関東大会(10月19~27日)が群馬県で開催されるため、例年より1校多い、上位3校が関東大会に出場する。県予選と関東大会の成績は来春センバツ出場校の選考で、重要な参考資料になる。

 シード校は、今夏の甲子園出場の前橋育英と、東毛、中毛、西毛の各地区大会の上位校。合同チームは「四ツ葉・玉村・尾瀬・藤岡北」と「榛名・富岡実・下仁田・板倉」。万場と長野原は部員不足のため不参加。

 夏の群馬大会4連覇を果たした前橋育英と、今夏は初戦負けを喫して雪辱を期す健大高崎は、7日にある2回戦から登場する。【妹尾直道】

あわせて読みたい